top of page
検索

【瞼が痙攣したらそれは休めのサイン】

更新日:2023年12月22日

瞼の痙攣は体から「休んで」とサインが出ている場合があります


大きく2つに分けて書いていきます。

◎体からのサイン
◎対処方法

寝てる時に「足が攣ったり」「やけに喉が渇いたり」「首の付け根が冷たく感じたり」する場合は体が相当疲れています。


最初は気にしていなくても数日間痛みが続いたり、何か変だなと思ったらストレッチやトレーニングなど軽くでも良いので筋肉を動かしてみてください。(痛み度合いによっては病院に行った方がいい場合もあります。)

他には温めてみたり、睡眠時間を増やすなどしてその痛みに慣れるのではなく改善する方向にもっていきましょう。



◎体からのサイン

瞼の痙攣は、眼をよく使う人に関して起こりやすいです。

眼を酷使し過ぎて「頭痛」「吐き気」といった症状が出る方もいるので放置せずサインをしっかり受け取ってください。



例えば、「腹痛」「足の痺れ」「めまい」含めて普段起こり得ない事が起こる=休めというサインで、人が病気になるのは急に死ぬことを未然に防ぐ現象とも言われています。



たまの睡眠不足や食事の乱れからではなく、定期的に起こりうる「ストレス」は何かしらの解決方法を見つける必要があります。



仮にストレスがピークになると「吸いたくなるタバコ」や「潰れるほど飲みたくなるお酒」含め、暴飲暴食など体に負担をかけることでストレスを解消してるのであればそれを緩和する対策を考えなければなりません。



一瞬の快楽は得られても、それはストレス解消ではなく体をただただ蝕んでいる行為です。


◎対処方法

例えば、運動不足の人は筋肉伸ばした方が良いと聞いた事があると言って大きな筋肉をストレッチする人は多いです。開脚や前屈、胸回りを伸ばす人もいますがデスクワークなど眼をよく使う人は大きな筋肉に加えて首や眼のまわりもケアが必要です。



体の疲れ=目に直結する人は少ないですが、目をよく使う職業の人や眼鏡を普段使用している人は特に眼疲労が蓄積しやすいです。

目の痙攣の「緩和」や「改善」をはかる場合、自身でピンポイントに原因が特定出来れば良いですがそれが難しい場合は大きな筋肉からストレッチをしてみましょう。血の巡りが良くなる事で痛い所を触らなくても改善や緩和される場合もありますし、それでも改善が見られない場合は体のプロに相談するのも1つの手です。



特にパソコンや携帯を使う事が多い人は、目のケアを2週間に1度行うと睡眠の質が上がったり「頭痛の緩和」「暴飲暴食の抑制」「睡眠の質向上」といった効果が期待出来ます。



お家で簡単に出来るケアとしては、

・お風呂でタオルを濡らして目の上に置く

・アイマスク(開けて直ぐ使える物)

・眼のまわりのマッサージや首のストレッチ



リモート含め、目をよく使う方は人一倍意識して労ってあげましょう。それが頭痛の緩和や睡眠の質の向上など体やメンタルの

健康に繋がるかもしれません。


さいごに。ダイエットは勿論ですが、年齢を重ねると太りやすくなったり、体脂肪が落ちにくかったり、肩凝り腰痛(ギックリ腰)など体に痛みが出てきたり、

痛みや不調が慢性的になってきます。それらの改善なり、緩和のサポートを当ジムで出来ればと思います。

ジムの詳細はこちらから↓(体験も受け付けております。)






閲覧数:61回0件のコメント

最新記事

すべて表示
記事: Blog2_Post
bottom of page