検索

「健康には足し算より引き算を」

更新日:10月14日

何を食べると良い、何を始めると良いと足し算形式ではなく引き算方式で早寝早起き、食事、姿勢正しくと大きく3つに分けて記事を書いていきます。

早寝早起き、食事、姿勢正しくの3つを徹底。


例えば家で仕事をしていると気持ちの面で疲れやすくなったり、病みやすい傾向があります。

気持ちの切り替えは意図的に行うより無意識に会社ではオン、家ではオフと環境で人は切り替えていました。 だが今では「オン」と「オフ」の境界線がなくなりつつあります。


コロナで働き方が変わった人は多く、良い方向にいった人もいれば労働時間が増えたり、 常に家にいる事で気持ち面で切り替えが上手くいかない人も居ます。


よく寝室に携帯を持って行かない方が良いと言いますが、仕事を布団を持っていかないのも質の良い睡眠をとる事に繋がり、緊張もとれ安眠しやすいです。


リモートが増えるとどこでも仕事が出来る分、家での安心感も少なくなり、寝られないといった不眠の症状を訴え精神科に行く人も増えたと聞きます。

気持ちの切り替えと同じ位に大事なのが、

「起きる時間」「寝る時間」を仕事と休みの日の幅は2時間以内で抑えると生活リズムが整い、免疫力が高まりやすいです。


食事も和食や咀嚼(そしゃく=よく噛むこと)を意識します。外出を控える人が増えると共に冷凍食品やインスタントラーメンなどストック出来て栄養面を考えるより、いつでも食べられる簡易的な物を摂取する人が増えました。


それに加えてデリバリーが増え、食事が全体的に欧米化する=カロリー過多になる食事になる=筋肉がかたまりやすくなる=不眠や、頭痛、無気力など体の不調も出やすくなります。


次は姿勢改善の面で適度に動く事を推奨します。姿勢改善もしくは猫背予防は胸を伸ばしたり、ふくらはぎを揉んだりと出来る範囲で血流を良くしていきます。面倒であれば散歩やジョグなど適度に体を動かすのも良いです。


会社に行くだけでも外に出る機会としてカウントされていましたが、リモートになると一切外に出なくなります。太陽の光を浴びたりする事も意識的に出来たらとても良いです。


ちなみに、パソコンやスマホといった機械的なものに囲まれすぎていて体もだが脳も疲弊しています。


体に良い食事といっても職業によっても異なったり、良い食事といっても出来る事は時間やお金とかけられることが変わるので「今」出来ることを少しずつやってみると良いかと思います。

情報が溢れて不安になる事が多いですが、

時に情報から離れて自分の時間持つことも大事で人と電話しても良いし、ゆっくりお風呂に入ってもいいし、今後に向けて勉強したりと何をすべきかに目を向けるのも良いです。

悲観的になり続けるとメンタルが落ち込んで、自ら命を絶ったり傷つけたりする人が居ますが、メンタル的な問題も無きにしも非ずだと思います。

医師や看護師もコロナの治療中に自身がかかり、世の中から悪とされ自ら命を絶つ人も居ます。だからこそ自分自身で出来ることを徹底しつつ、環境の変化に対応していくことは今後の為にもなります。

「生」の質を高めること。



色んな情報で不安に支配される人生より「生」の質を高めることでもっと楽しい時間が待っています。


早寝早起き、食事、姿勢正しく。自分を高める時間を増やし、心身ともに健康になるような価値を提供することだと思っています。


運動不足やストレス解消、肩こり腰痛などのお悩みがある方は、一度ジムに体験来てください(^ ^)!下から申し込み出来ます!

https://www.natur-gym.com/


閲覧数:58回0件のコメント

最新記事

すべて表示